カーシェアリングとレンタカーの使い分けについて

車の免許を持っている人ならば、誰でも車を所有したいと思って当然ですが、車はとてもお金がかかりますのでなかなか手が出ない人も多いはずです。

 

そんなとき、便利なのがカーシェアリングとレンタカーという車を所有していなくても車に乗れるサービスです。

ですが、このカーシェアリングとレンタカーではどう使い分けていけば良いのでしょうか?

 

基本的には短時間の利用をするならカーシェアリング、長時間の利用をするならばレンタカーという使い分け方が一般的です。

なぜならば、レンタカーの場合は最低6時間から借りるのが一般的だからです。

もしも1時間くらいしか利用しないのならば、料金が細かくなっているカーシェアリングのほうがお得だというわけです。

 

では、それ以上にとても長い時間借りる場合ならばどうかということですが、それだとレンタカーにも分があります。

なぜならば、カーシェアリングには距離が増えるごとに料金が加算されるというシステムがあるからです。

レンタカーの場合にはあくまで時間で料金が加算されますので、距離のことは深く考える必要がないのです。

 

ただ、昔からあるレンタカーよりも、カーシェアリングのほうがやや全体的に値段は安いです。

レンタカーと差別化を図るためにあるのがカーシェアリングで、値段の安さというのがカーシェアリング最大の魅力だからです。

 

その分、乗れる車種などはレンタカーのほうが豊富なのですが、あくまで料金にこだわるならばカーシェアリングのほうがオススメです。